[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
研究チーム

自己免疫疾患研究チーム

山本 一彦

チームリーダー山本 一彦 (医学博士)

関節リウマチなどの自己免疫疾患の関連遺伝子を探索し病態の解析と新しい治療法の確立を目指しています

 関節リウマチは、あちらこちらの関節が痛んだり、腫れたり、変形したりする病気で、日本人の約1%がかかります。免疫システムの異常により自分の組織を攻撃してしまうために起きる自己免疫疾患だと考えられていますが、原因は十分には分かっていません。関節リウマチ以外にも全身性エリテマトーデス、自己免疫性甲状腺疾患など多くの自己免疫性疾患があります。

  自己免疫疾患関連遺伝子研究チームでは、これまで関節リウマチに焦点をあて、患者さんと一般集団のタイピングデータから、PADI4、RUNX1、SLC22A4、FCRL3という4つの遺伝子が発症に関連していることを明らかにしました。PADI4遺伝子領域にあるSNPが特定のタイプの場合、シトルリンというアミノ酸を含むタンパク質が増加し、関節リウマチの病因になると予想されています。FCRL3は抗体を作るB細胞というリンパ球に発現していて、自己抗体を作りやすくする機能に関係していると考えられます。関節リウマチをはじめとして自己免疫疾患の関連遺伝子を明らかにすることにより、病気の原因や病態の解明に有用な手掛かりが得られ、新しい治療法の開発につながることが期待されます。研究チームでは、研究成果をより早く患者さんの治療に還元することを目的として、大学医学部や企業との共同研究を行っています。

研究テーマ

  • (1)   関節リウマチ関連遺伝子PADI4, SLC22A4およびFCRL3の機能解析
  • (2)   HLA領域の連鎖不平衡解析及び、同領域内、関節リウマチ関連新規遺伝子の探索
  • (3)   関節リウマチ関連候補遺伝子におけるSingle Nucleotide Polymorphisms(SNPs)を用いたケース・コントロール 関連解析
  • (4)   SLE関連候補遺伝子におけるSingle Nucleotide Polymorphisms(SNPs)を用いたケース・コントロール 関連解析

主要論文

  • (1)   Shimane, K, Kochi, Y, Yamamoto, K., et al:
    A single nucleotide polymorphism in the IRF5 promoter region is associated with susceptibility to rheumatoid arthritis in the Japanese population.
    Ann Rheum Dis., 68(3), 377-383 (2009)
  • (2)   Suzuki, A, Yamada, R, Yamamoto, K., et al:
    Functional SNPs in CD244 increase th
    e risk of rheumatoid arthritis in a Japanese population.
    Nature Genetics, 40(10), 1224-1229 (2008).
  • (3)   Okada, Y, Mori, M, Yamamoto, K., et al:
    SLC22A4 polymorphism and rheumatoid arthritis susceptibility: a replication study in a Japanese population and a metaanalysis.
    J Rheumatol., 35(9), 1723-1728 (2008)
  • (4)   Okazaki, Y, Suzuki, A, Yamamoto, K., et al:
    Identification of citrullinated eukaryotic translation initiation factor 4G1 as novel autoantigen in rheumatoid arthritis
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 341, 94-100 (2006).
  • (5)   Takizawa, Y, Sawada, T, Yamamoto, K., et al:
    Peptidylarginine deiminase 4(PADI4) identified as a conformation-dependent autoantigen in rheumatoid arthritis
    Scand J Rheumatol, 34, 212-215 (2005).
  • (6)   Suzuki, A, Yamada, R, Yamamoto, K., et al:
    Anti-citrullinated collagen type I antibody is a target of autoimmunity in rheumatoid arthritis
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 333, 418-426 (2005).
  • (7)   Mori, M, Yamada, R, Yamamoto, K., et al:
    Ethnic differences in allele frequency of autoimmune-disease-associated SNPs
    Journal of Human Genetics, 50, 264-266 (2005).
  • (8)   Kochi, Y., Yamada, R., Yamamoto, K., et al:
    Analysis of single-nucleotide polymorphisms in Japanese rheumatoid arthritis patients shows additional susceptibility markers besides the classic shared epitope susceptibility sequences
    Arthritis & Rheumatism 50(1), 63-71 (2004).
  • (9)   Tokuhiro, S., Yamada, S., Yamamoto, K., et al:
    An intronic SNP in a RUNX1 binding site of SLC22A4, encoding an organic cation transporter, is associated with rheumatoid arthritis
    Nature Genetics, 35(4), 341-348 (2003).
  • (10) Suzuki, A., Yamada, R., Yamamoto, K., et al:
    Functional haplotypes of PADI4, encoding citrullinating enzyme peptidylarginine deiminase 4, are associated with rheumatoid arthritis
    Nature Genetics, 34(4), 395-402 (2003).