[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
研究チーム

呼吸器疾患研究チーム

玉利 真由美

チームリーダー 玉利 真由美 (医学博士)

気管支喘息やCOPDの関連遺伝子を探し出し、効果的な予防法、治療法の確立を目指します。

 生活環境の変化からアレルギー疾患が増加し、科学的根拠のない治療法を用いたアトピービジネスなどが社会問題となっています。さらにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は主に長期の喫煙習慣により気道や肺に障害が生じる病気であり、日本のみならず世界中で増加しています。呼吸器疾患研究チームでは、気管支喘息とCOPDを中心に、さらにアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギー)の疾患関連遺伝子を見つけ、科学的根拠に基づいた効果的な治療の実現を目指しています。それぞれの疾患へのなりやすさや重症化しやすさのメカニズムが解明されれば、生活指導によって発症を遅らせたり、発症しても適切な治療により軽症化させたりすることができます。研究チームでは、複数の大学、医療機関と共同でサンプル収集を行ない、遺伝子多型を用いた症例対照相関解析を中心に研究を進めています。ゲノム全体にわたる体系的関連解析の結果、気管支喘息の発症に関与する遺伝子が同定され、現在その機能解析を行っています。一方、多くの疫学調査により、感染が気管支喘息やCOPD、様々なアレルギー疾患の発症や重症化に影響することが示されています。そこで、研究チームは自然免疫、感染免疫で重要な役割を果たす遺伝子多型に注目して相関解析を行ない、複数の疾患関連遺伝子多型を見いだし、その機能について解析しています。

研究テーマ

  • (1)   アレルギー疾患関連遺伝子解析
  • (2)   慢性閉塞性肺疾患(COPD)疾患関連遺伝子解析
  • (3)   自然免疫関連遺伝子多型

主要論文

  • (1)   Harada M, Hirota T, Jodo AI, Doi S, Kameda M, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Noguchi E, Yoshihara S, Ebisawa M, Saito H, Matsumoto K, Nakamura Y, Ziegler SF, Tamari M.
    Functional analysis of the polymorphisms of the TSLP gene in human bronchial epithelial cells.
    Am J Respir Cell Mol Biol. 40,368-374 (2009)
  • (2)   Sakashita M, Yoshimoto T, Hirota T, Harada M, Ohkubo K, Osawa Y, Fujieda S , Nakamura Y, Yasuda K, Nakanishi K, Tamari M.
    Association of serum IL-33 level and the IL-33 genetic variant with Japanese cedar pollinosis
    Clin Exp Allergy. 38,1875-1881 (2008)
  • (3)   Hirota T, Harada M, Sakashita M, Doi S, Miyatake A, Fujita K, Enomoto T, Ebisawa M, Yoshihara S, Noguchi E, Saito H, Nakamura Y, Tamari M.
    Genetic polymorphism regulating ORM1-like 3 (Saccharomyces cerevisiae) expression is associated with childhood atopic asthma in a Japanese population.
    J. Allergy Clin. Immunol. 121,769-770 (2008)
  • (4)   Harada M, Nakashima K, Hirota T, Shimizu M, Doi S, Fujita K, Shirakawa T, Enomoto T, Yoshikawa M, Moriyama H, Matsumoto K, Saito H, Suzuki Y, Nakamura Y, Tamari M.
    Functional polymorphism in the suppressor of cytokine signaling 1 gene associated with adult asthma.
    Am J Respir Cell Mol Biol. 36,491-496 (2007)
  • (5)   Hirota T, Suzuki Y, Hasegawa K, Obara K, Matsuda A, Akahoshi M, Nakashima K, Cheng L, Takahashi N, Shimizu M, Doi S, Fujita K, Enomoto T, Ebisawa M, Yoshihara S, Nakamura Y, Kishi F, Shirakawa T, Tamari M.
    Functional haplotypes of IL-12B are associated with childhood atopic asthma
    J. Allergy Clin. Immunol., 116, 789-795 (2005).