[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
研究チーム

統計解析研究チーム

高橋 篤

チームリーダー 高橋 篤 (理学博士)

全ゲノムの膨大な個人の遺伝的多様性データと臨床データを結び付け、疾患や薬物の効き方、副作用との関連を調べ、結果を予測するプログラムを作り、実行します。

 当研究室はオーダーメイド医療を実現するための種々の統計学的、情報学的手法の開発を行い、それをプログラムにして実際の解析を行っています。また理研ゲノム医科学研究センター(CGM)内の各チーム、及び東京大学と共同で、それらの手法を応用した解析を行っています。特に、全ゲノム関連解析(Genome-wide association study; GWAS) という手法を用いた解析を中心に研究を行なっています。

 我々のチームはGWASデータを解析するためのアルゴリズムとソフトウェアを構築し、他のチームの解析を数学・統計学・情報学的面から手伝っています。また、GWAS手法の特徴や、GWASから得られた結果の解釈法、活用法についても数学的面から解析を続けています。これまでにバイオバンクのデータを用いてGWASを疾患や薬物反応性だけではなく、臨床検査値や体重や身長などの身体的特徴との関連へと発展させました。

 また、ゲノムの違いと疾患などの表現型との関連が明らかになっても、直ちに臨床応用はできません。それを臨床応用するための道筋を立て、それらを一つ一つクリアしていくことが重要です。オーダーメイド医療実現のためには、質的な証拠だけではなく、量的な解析に裏付けられた証拠が重要です。即ち、統計解析、情報解析を数学的に行う必要があります。我々のチームはこのようなオーダーメイド医療に必要なアルゴリズムとソフトウェアも開発しています。

研究テーマ

  1. 全ゲノム関連解析の手法の開発と応用
  2. 遺伝的多型を用いたオーダーメイド医療の手法に関する研究
  3. ヒトゲノムの連鎖不平衡・ハプロタイプに関する研究

プレスリリース・研究成果

2012年02月20日
東アジア人集団の肥満の個人差を左右する遺伝子を同定
2011年12月01日
血小板の数や大きさに個人差がある理由を解明
2011年07月01日
免疫・アレルギー反応に関わる白血球成分の数の個人差を解明
2011年01月11日
IL6遺伝子がC反応性タンパク(CRP)測定値に関与することを発見

理研ニュース

2007年05月号
統計でオーダーメイド医療を実現させる

RIKEN RESEARCH

2009年05月22日
2つのグループに分かれる日本人

主要論文

  1. Okada Y, Takahashi A, Ohmiya H, Kumasaka N, Kamatani Y, Hosono N, Tsunoda T, Matsuda K, Tanaka T, Kubo M, Nakamura Y, Yamamoto K, Kamatani N."Genome-wide association study for C-reactive protein levels identified pleiotropic associations in the IL6 locus."Human Molecular Genetics 15: 1224-32 (2011)
  2. Miki D, Kubo M, Takahashi A, Yoon KA, Kim J, Lee GK, Zo JI, Lee JS, Hosono N, Morizono T, Tsunoda T, Kamatani N, Chayama K, Takahashi T, Inazawa J, Nakamura Y, Daigo Y."Variation in TP63 is associated with lung adenocarcinoma susceptibility in Japanese and Korean populations."Nature Genetics 42:893-6 (2010)
  3. Okada Y, Kamatani Y, Takahashi A, Matsuda K, Hosono N, Ohmiya H, Daigo Y, Yamamoto K, Kubo M, Nakamura Y, Kamatani N."A genome-wide association study in 19,633 Japanese subjects identified LHX3-QSOX2 and IGF1 as adult height loci."Human Molecular Genetics 19:2303-12 (2010)
  4. Nakashima M, Chung S, Takahashi A, Kamatani N, Kawaguchi T, Tsunoda T, Hosono N, Kubo M, Nakamura Y, Zembutsu H."A genome-wide association study identifies four susceptibility loci for keloid in the Japanese population."Nature Genetics 42:768-71 (2010)
  5. Kumasaka N, Yamaguchi-Kabata Y, Takahashi A, Kubo M, Nakamura Y, Kamatani N."Establishment of a standardized system to perform population structure analyses with limited sample size or with different sets of SNP genotypes."Journal of Human Genetics 55:425-433 (2010)
  6. Okada Y, Kamatani Y, Takahashi A, Matsuda K, Hosono N, Ohmiya H, Daigo Y, Yamamoto K, Kubo M, Nakamura Y, Kamatani N."Common variations in PSMD3-CSF3 and PLCB4 are associated with neutrophil count."Human Molecular Genetics 15:2079-85 (2010)
  7. Asano.K,Matsushita.T,Umeno.J,Hosono.N,Takahashi.A,Kawaguchi.T,Matsumoto.T, Matsui.T, Kakuta.Y, Kinouchi.Y, Shimosegawa.T,Hosokawa.M,Arimura.Y,Shinomura.Y, Kiyohara.Y,Tsunoda.T,Kamatani.N,Iida.M,Nakamura.Y,Kubo.M. "A genome-wide association study identifies three new susceptibility loci for ulcerative colitis in the Japanese population."Nature Genetics 4:1325-1331 (2009)
  8. Yamaguchi-Kabata Y, Nakazono K, Takahashi A, Saito S, Hosono N, Kubo M, Nakamura Y, Kamatani N. "Japanese population structure, based on SNP genotypes from 7003 individuals compared to other ethnic groups: effects on population-based association studies." Amecican Journal of Human Genetics 83:445-56 (2008)
  9. Unoki H, Takahashi A, Kawaguchi T, Hara K, Horikoshi M, Andersen G, Ng DP, Holmkvist J, Borch-Johnsen K, Jorgensen T, Sandbaek A, Lauritzen T, Hansen T, Nurbaya S, Tsunoda T, Kubo M, Babazono T, Hirose H, Hayashi M, Iwamoto Y, Kashiwagi A, Kaku K, Kawamori R, Tai ES, Pedersen O, Kamatani N, Kadowaki T, Kikkawa R, Nakamura Y, Maeda S."SNPs in KCNQ1 are associated with susceptibility to type 2 diabetes in East Asian and European populations."Nature Genetics 40:1098-102 (2008)
  10. Takitoh S, Fujii S, Mase Y, Takasaki J, Yamazaki T, Ohnishi Y, Yanagisawa M, Nakamura Y, Kamatani N. "Accurate automated clustering of two-dimensional data for single-nucleotide polymorphism genotyping by a combination of clustering methods: evaluation by large-scale real data."Bioinformatics 15:408-13 (2007)